logo-header.png

bn-hi5.jpg

bn-xia.jpg

中部システム事務機の求人

bn-blog.gif

SECURITY

そもそもマイナンバーとは?

内閣官房社会保障改革担当室・内閣府大臣官房番号制度担当室サイトより引用

必要なセキュリティ対策

1、外部セキュリティ (マルウェア対策)

普段利用しているパソコンのセキュリティが不十分だとそもそもNG?!

「現在使っているシステムやソフトの会社がやってくれているだろう

「自分たちで高度なセキュリティをやる必要はないのでは?」

ではありません。

マイナンバー対応の会計、給与ソフトなど出てくると思いますが、それらのソフトを使っているパソコンはネットにつながっていませんか?

意外と見落としがちなのが、「ネットとは遮断している」と思いきや、印刷ができるように設定している=ネットワークに接続しているケースがあります。

※ネットを開いていない、使っていない=本当にそのパソコンは、他のパソコンや印刷機と切り離して使っていますか?

2、内部セキュリティ

誰のパソコンでマイナンバーを扱っていたか

いつ使っていたパソコンでマイナンバーを扱っていたか

マイナンバーを含むデータをいつ印刷したか

いつ、USBなどの外部メディアにマイナンバーが含まれるデータを入れたか

退職する前にマイナンバーをUSBに入れて外部に持ち出そうとしていないか

※マイナンバーを漏えいした本人はもちろんのこと、雇用していた事業主も処罰の対象になります。

3、設備や配置の対策

・オフィスに入ってすぐに内部スペースを見れないように、パーテーションなどのブラインドが必要

・社外の人と打ち合わせ、商談するスペースから内部が見えないようになっているか

・マイナンバーを扱うパソコンは隔離し、監視カメラの範囲内で操作する

・書類や鍵を保管するスペースは、さらに鍵をかけることができるか?

など、他にも挙げられることはあります。

4、従業員教育

どんな高度なシステムを導入しても、それを扱う者の知識が不足していると意味をなしません。

マイナンバー制度の理解、マイナンバーの保管と廃棄のルール、委託先の管理、漏えいを起こさないための措置

さまざまな理解、通達、実施、確認が必要になります。

「まだ大丈夫だろう」では間に合いませんので、計画的に動かれることをオススメいたします。

マイナンバー制度に関する内閣官房サイトはこちら>>>

mynumber1.jpg

mynumber2.jpg