中部システム事務機

bn-support.png

bn-blog.gif

NEWS

お知らせ

RAIDとは

ブログ

default-eyecatch

サーバーのお話をしていると、よくRAID(レイド)という言葉を耳にされると思います。
主要なものは RAID0、RAID1、RAID5の3つになります。

RAIDとはなにか・・・?

RAIDは、複数のハードディスクを組み合わせて 容量を増やしたり高速化を図る仕組みです。
ハードディスクの容量対策、障害対策、高速化などが図れます。

RAID0
2台のハードディスクを使用。
分散してデータを書き込むので 書き込みが速くなります。
また両方のハードディスクを合わせたものが ドライブの総容量となります。
ストライピングといいます。
書き込みは高速化されますが、いずれか1台のハードディスクが故障するとデータは消えますので 信頼性はありません。

RAID1
2台のハードディスクに同じデータを書き込みます。
ミラーリングといいます。
RAID0より書き込み速度は落ちますが、いずれか1台のハードディスクが故障しても運用可能でデータが消えることはありません。
ハードディスクを交換して再度ミラーリングします。

RAID5
3台以上のハードディスクにデータを分散して書き込みます。
その際 パリティ情報と呼ばれものを分割して書き込みます。
パリティ付きストライピングともいいます。
RAID0のストライピングに信頼性を追加したタイプです。
いずれか1台のハードディスクが故障しても運用可能です。
ハードディスクを交換するとパリティ情報から復旧できます。
ただし2台以上の同時故障には対応できません。

 

ちなみに弊社の取り扱っているSB2100はRAID1になります。